【最安対決】よくばりWiFiとMugen WiFiの違いと選び方

よくばりWiFiMugen WiFiは数あるポケットWiFiの中でも最も安いサービスの一つです。

容量無制限のポケットWiFiを比較したら、3年間の総支払額ではよくばりWiFi、違約金を含めた3年間の総支払額ではMugen WiFiが最もお得であることがわかりました。

今回の記事の概要はこの通りです。

ここがポイント!

よくばりパンダ
よくばりパンダ
  • 単純な月額料金での比較だと「よくばりWiFi」が最安
  • 違約金を考慮してポケットWiFiを選ぶと「Mugen WiFi」がお得
  • Mugen WiFiは急に人気が出てきたため、端末が品切れで発送が遅れることも

Mugen WiFiは2年以上契約を続けると解約違約金の支払いがなくなるので、非常におすすめです。そんな親切な料金の口コミが広がり、現在は端末の在庫を確保できず、すぐに端末発送できないことが時々あります。

よくばりWiFiはMugen WiFiほどの知名度はないですが、支払い額の安さでは、Mugen WiFiよりもお得です。

よくばりWiFi

  • 総支払額:115,100円
  • 違約金コミ:131,500円

Mugen WiFi

  • 総支払額:121,080円
  • 違約金コミ:121,080円
https://mentormagazine.net/wp-content/uploads/2020/01/yokubaripanda.jpg
よくばりパンダ

よくばりWiFiとMugen WiFiの大きな違いは「違約金」のところだね。他の違いについても詳しく解説していくよ。

よくばりWiFi: https://yokubari-wifi.jp/
Mugen WiFi: https://mugen-wifi.com/

よくばりWiFiとMugen WiFiの契約内容を比較

よくばりWiFiの契約内容で大きく違いがあるのは下記4つです。

  1. 月額料金
  2. 違約金
  3. 対応通信キャリア
  4. 対応端末

詳しく解説するのですが、まずはこれら4つの項目をまとめた比較表を見てみましょう。

よくばりWiFiとMugen WiFiのプランを比較

よくばりWiFi

よくばりWiFi

Mugen WiFi

Mugen WiFi
月額料金

一律 3,450円

2か月間無料

一律 3,280円

 
違約金なしの総支払額

1年間:40,200円
2年間:73,700円
3年間:115,100円

1年間:42,360円
2年間:81,720円
3年間:121,080円
違約金ありの総支払額

1年間:51,300円
2年間:92,600円
3年間:131,500円

1年間:51,360円
2年間:86,720円
3年間:121,080円
契約期間・違約金

2年契約

1年間:18,000円
2年間:12,000円
3年間:9,500円

2年契約

1年間:9,000円
2年間:5,000円
3年間:0円
対応端末・通信キャリア

U2S

u2s

ソフトバンク

U2S

u2s

G4(翻訳機能付)
※G4の場合、月額3,880円

g4

ソフトバンクauドコモ

 

上記表を見てもなかなか違いがわかりにくいので、ざっくりと違いが分かるようにまとめてみました。結論なのですが「総支払額」で選ぶか「違約金コミでの総支払額」で選ぶことをおすすめしています。

よくばりWiFi

  • 総支払額:安い
  • 違約金コミでの総支払額:高い
  • 対応回線はソフトバンクのみ
  • 端末は選べない
  • 1か月単位の契約プランがある

Mugen WiFi

  • 総支払額:高い
  • 違約金コミでの総支払額:安い
  • 対応回線はソフトバンク・au・ドコモ
  • 端末を選べる
  • 1か月お試し契約プランがある

あとから説明しますが、対応回線・対応端末についてはそれほど差はないので、料金の支払いで比較を行いましょう。

https://mentormagazine.net/wp-content/uploads/2020/01/yokubaripanda.jpg
よくばりパンダ

それじゃ、月額料金の比較から解説していくよー。

よくばりWiFiとMugen WiFiを月額料金で比較

ですのでひとことで「月額料金で比較」といっても、各社サービスの特徴が異なるため人によってはこっちの方がお得と感じる方もいらっしゃいます。ですのでよくばりWiFiとMugen WiFiの料金の違いについて、多角的な視点で解説します。

毎月支払う料金での比較の場合:Mugen WiFiが安い

単純な月額料金で比較を行うとよくばりWiFiは3,450円、Mugen WiFiは3,280円のためMugen WiFiのほうが安くなります。

よくばりWiFiMugen WiFi
3,450円3,280円

ただしよくばりWiFiでは「NTTグループカード加入で最大6,000円キャッシュバック」を実施しています。キャッシュバックを受けると毎月500円ずつ還元されるため、1年目・2年目の月額料金は以下のようになります。

よくばりWiFi
よくばりWiFi
Mugen WiFi
Mugen WiFi
1年目
2,950円 2か月無料 3,280円
2年目
3,450円 3,280円
年間の支払合計額
1年目:29,500円
2年目:40,400円
1年目:39,360円
2年目:39,360円

このように、よくばりWiFiのキャッシュバックを受け取ることで、1年目はMugen WiFiよりもお得に利用できます。

さらによくばりWiFiは、2か月無料のキャンペーンを実施しています。そのため契約期間である2年間の合計支払額では、よくばりWiFiのほうが8,820円安くなります。

ただし、基本的な料金プランはMugen WiFiが安いということは覚えておいてください。3年目以降はMugen WiFiに乗り換えたほうが安くなるので、2年目の契約更新月に契約を見直してみても良いかもしれません。

ここがポイント!

よくばりパンダ
よくばりパンダ
  • 2年間の支払額ではよくばりWiFiのほうが安い
  • 3年目からはMugen WiFiのほうがお得に
  • 契約更新月で契約の見直しを検討する
https://mentormagazine.net/wp-content/uploads/2020/01/yokubaripanda.jpg
よくばりパンダ

よくばりWiFiのほうが基本的に安いことは分かったけど、実は場合によってはMugen WiFiのほうが安くなることもあるんだ。

ポイントは「解約違約金」だね。次はその解約違約金について解説するよ。

解約違約金を含めた料金での比較の場合:Mugen WiFiが安い

まずはそれぞれの解約違約金の違いについてみてみましょう。よくばりWiFi・Mugen WiFiの契約期間はどちらも2年です。

契約期間よくばりWiFiMugen WiFi
1年目18,000円9,000円9,000円
2年目12,000円5,000円7,000円
3年目9,500円0円9,500円

Mugen WiFiは解約違約金がかなり安いのです。さらに2年以上契約をした場合、以降の解約違約金は一切かからないため、解約リスクがとても低いポケットWiFiのサービスといえますね。

そのためMugen WiFiは、中途解約をする場合には唯一無二の安さを誇るポケットWiFiになります。解約違約金を含めた年間の支払金額で比べると一目瞭然ですね。

よくばりWiFi

  • 1年目:51,300円
  • 2年目:92,600円
  • 3年目:131,500円

Mugen WiFi

  • 1年目:51,360円
  • 2年目:86,720円
  • 3年目:121,080円

1年目はよくばりWiFiのキャンペーンが豊富なため、あまり変わらないですが、2年目以降大きく差が出てきます。長期利用の場合、Mugen WiFiのほうがお得と考える方も多いはず。

ここがポイント!

よくばりパンダ
よくばりパンダ
  • 解約違約金を含めた場合、Mugen WiFiのほうがお得
  • 2年目以降から、違約金を含めた支払額は大きく差が出る
  • 3年以上継続して使うなら、間違いなくMugen WiFiがお得

よくばりWiFiとMugen WiFiの1か月契約の違い

よくばりWiFiとMugen WiFiはどちらも、1か月間だけお試ししてみたい人向けのサービスがあります。2年契約をすると違約金が高額なため、まずは試してみたい人向けのサービスです。

よくばりWiFi

  • 1か月更新のプランあり
  • 月額4,880円で契約期間縛りなし

よくばりWiFi

  • 30日間のお試し利用あり
  • 30日以内に端末を返却すれば、返却手数料(1,000円+送料)以外タダ
  • 3年目:9,500円

よくばりWiFiは1か月契約のプランで4,880円で使えます。Mugen WiFiでは30日間おためし利用のサービスがあります。お試しで比較をすると、よくばりWiFiは1か月更新でお金がかかるので、Mugen WiFiのほうが断然お得ですね。

よくばりWiFiの1か月更新プラン

よくばりWiFiは2年縛りのプランと縛りなしの1か月更新プランを選べます。「2年契約しても良いかな」と思えるまで使い倒してから、2年縛りの更新へ移行する使い方をおすすめしています。

ただし1か月更新でのポケットWiFiで比較をした場合、他にも安いサービスはあるので、あくまでも2年縛りまでのつなぎとして考えておきましょう。以下は代表的な「縛りなし」をうたっているポケットWiFiサービスとの比較です。

よくばりWiFi 最安値保証WiFi クラウドWiFi東京 縛りなしWiFi
3,880円
無制限WiFi
3,280円
3日間8GBまで
3,380円
無制限WiFi
3,300円
1日2GBまで

無制限WiFiの体験であれば「クラウドWiFi東京」をおすすめしています。

クラウドWiFi東京: https://www.wifi-tokyo-rentalshop.com/cloudwifi/

Mugen WiFiの30日間おためし利用

Mugen WiFiの30日間おためし利用

Mugen WiFiの30日間おためし利用は、2年縛りの本契約までに使用感を確かめてみたい人向けのサービスです。30日以内に端末を返送すれば解約違約金なしで契約を解除でき、端末の返却手数料も1,000円+送料と格安です。

ただし30日以降に端末を返却しないと、2年縛りのプランに移行するためご注意ください。

いつの間にか2年縛りプランに移行することが心配なら、先ほどご紹介した「クラウドWiFi東京」に申し込んで無制限WiFiを体験することをお勧めします。

よくばりWiFiとMugen WiFiの対応端末の違い

よくばりWiFiの端末はU2Sのみですが、Mugen WiFiではU2SもしくはG4の2種類から選べます。

  u2s
U2S
g4
G4
下り最大通信速度 150Mbps
上り最大通信速度 50Mbps
連続通信時間 12時間
同時接続台数 5台
充電器機能 なし あり
翻訳機機能 なし あり

基本的なスペックはあまり大差がありません。G4の目玉としては「翻訳機能」で世界128か国に対応した21か国語の翻訳ができます。海外WiFiとしての利用も検討しているならG4での契約をお勧めします。

ただしMugen WiFiでG4を選ぶ場合、月額料金が上がるのでご注意ください。

G4の場合U2Sの場合
3,880円3,280円

よくばりWiFiとMugen WiFiの対応通信キャリアの違い

よくばりWiFiはクラウドSIMを使ったポケットWiFiサービスですが、対応している通信キャリアは「ソフトバンク」のみです。対してMugen WiFiは多くのクラウドSIMサービスと同様、国内大手3キャリアに対応しています。

この国内3キャリア対応については、筆者はあまり良いメリットはないと感じています。といいますのも、基本的にクラウドSIMは通信をつなげる順番を決めているためです。

クラウドSIMで通信をつなげる仕組み

クラウドSIMでは決まった順番で接続を試みて、通信の状況が芳しくない場合に別の回線に接続します。例えばMugen WiFiの場合「ソフトバンク→au→ドコモ」の順番に接続するため、ほぼソフトバンクの回線につながります。

メリットがあるとすれば通信障害強く、対応エリアが広いということ。どれか1つのキャリアが全く通信できなくなったとしても、別の回線につなげてくれるため、通信できなくなるリスクを減らすことができます。

ですがこのようなことは稀なため、通信の品質にこだわらないのであれば、よくばりWiFiのようにソフトバンク通信のみで事足りることでしょう。

まとめ

全体的な印象として通信サービスのスペックとして比較を行うとMugen WiFiに軍配が上がります。

ですが「安いポケットWiFiサービス」として比較をするとよくばりWiFiが最安といえます。ただし違約金を考慮した場合など、利用者によっては感じ方が異なるため下記を参考に契約を検討しましょう。

ここがポイント!

よくばりパンダ
よくばりパンダ
  • スペックで選ぶならMugen WiFi
  • 安さで選ぶならよくばりWiFi
  • 違約金を含めた安さで選ぶならMugen WiFi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です