【どっちがお得?】どんなときもWiFiとよくばりWiFiのそれぞれの特徴を比較

どんなときもWiFiとよくばりWiFiどっちがお得?比較してみた

無制限使い放題のどんなときもWiFiが出て以降、様々なポケットWiFiサービスが立ち上がっています。その中でも「よくばりWiFi」は月額料金が安く、どんなときもWiFiとよく比較になります。

この記事では下記の項目に分けて、それぞれの違いを解説します。

  1. 月額料金の安さ
  2. 契約内容
  3. 回線の性能・対応ルーターの性能

さっそく結論になるのですが、よくばりWiFiとどんなときもWiFiの大きな違いをまとめてみました。

ここがポイント!

よくばりパンダ
  • よくばりWiFiの方が安いが回線はソフトバンクのみ
  • どんなときもWiFiはトリプルキャリア(ソフトバンク・au・ドコモ)対応
  • どんなときもWiFiは口座振替対応

どちらも4GLTEの回線を使用しているWiFiサービスですが、どんなときもWiFiはトリプルキャリア(ソフトバンク・au・ドコモ)対応、よくばりWiFiはソフトバンクのみ対応です。

対応キャリアが少ない分、よくばりWiFiのほうがより安価な価格設定になっています。なんと2年間の総支払額が10,000円以上も安くなりますよ。

どんなときもWiFiは口座振替での支払いにも対応しているので、どうしても口座振替で契約したいなら、どんなときもWiFiを選びましょう。

https://mentormagazine.net/wp-content/uploads/2020/01/yokubaripanda.jpg
よくばりパンダ

知名度が圧倒的に低いけど、料金を安く契約するならだんぜん、よくばりWiFiだね!

どんなときもWiFiとよくばりWiFiを月額料金の安さで比較

単純な月額料金で比較をすると、よくばりWiFiのほうが安いです。

料金の違い

どんなときもWiFi

どんなときもWiFi

よくばりWiFi

よくばりWiFi
2年間の支払い額

高い

86,520円

安い

73,700円
月額料金

無料期間なし

3,480円

2カ月間無料

3,450円
2年目以降の月額料金

値上りする

3,980円

値上りなし

3,450円

実際に月々支払う料金はそれほど差はないのですが、よくばりWiFiには2カ月間の無料期間があるため、より安く使えます。

また、NTTグループカードへ加入すれば最大6,000円キャッシュバックされるので、さらにお得になります。

2年目以降のどんなときもWiFiの料金は要注意

どんなときもWiFiは、2年目以降の月額料金が上がります。よくばりWiFiと比べて毎月500円も高くなるため、長く使えば使うほど、どんなときもWiFiの通信費は高くなってしまいます。

https://mentormagazine.net/wp-content/uploads/2020/01/yokubaripanda.jpg
よくばりパンダ

3年間で比較すると、よくばりWiFiのほうが1万円以上も安いので、安さを求めるならよくばりWiFiにしましょう。 1年ごとの料金の差をまとめるとこんな感じ。

よくばりWiFiは3年間ずっとどんなときもWiFiよりも安い。
1年間7,280円安い
2年間7,280円安い
3年間13,640円安い

どんなときもWiFi・よくばりWiFiの契約内容の違い

料金面ではよくばりWiFiのほうが、断然安いことは一目瞭然ですね。次に細かい契約内容の違いを解説します。

ざっくりとした違いはこちらです。

契約内容の違い

どんなときもWiFi

どんなときもWiFi

よくばりWiFi

よくばりWiFi
通信の対応キャリア

トリプルキャリア対応

ソフトバンク・au・ドコモに対応。通信障害などがあっても、自動で別の回線に切り替えて通信を行う。

ソフトバンクのみ

対応回線はソフトバンクのみのため、通信障害があった場合、一時的に通信ができなくなる。

支払い方法

クレジットカード・口座振替

口座振替での契約ができる。ただし口座振替で契約すると月額料金が500円ほど値上がりしてしまう。

クレジットカードのみ

口座振替での契約が不可。ただしNTTグループカードを新規発行すれば、6,000円キャッシュバックを実施中。

解約にかかる違約金

少し高い

3,980円

少し安い

3,450円

どんなときもWiFiとよくばりWiFiの契約内容で大きく違うのは「解約違約金」と「対応している通信キャリア」です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

解約違約金はよくばりWiFiのほうが安い

どんなときもWiFiもよくばりWiFiのどちらも契約期間は2年間で、更新月以外に解約をする場合、高額な違約金がかかります。

比較の結果、大差はなくよくばりWiFiの違約金のほうが1,000~2,000円安いという結果でした。

どんなときもWiFi

  • 1年目:19,000円
  • 2年目:14,000円
  • 3年目:9,500円

よくばりWiFi

  • 1年目:18,000円
  • 2年目:12,000円
  • 3年目:9,500円

ただし、どんなときもWiFiは「いつでも解約サポート」があるため、指定のインターネット回線への乗り換えを条件に解約違約金をかけずに解約できるということを覚えておきましょう。

いつでも解約サポートとは?

「いつでも解約サポート」とは、指定のインターネット回線に乗り換えることで、ご利用中のインターネット回線の解約違約金を負担してくれるサービスです。

もしもインターネットへの乗り換えに抵抗がないなら、解約違約金のリスクがすくないどんなときもWiFiを選びましょう。

2分で終わり!よくばりWiFiの解約はめっちゃ簡単 【簡単2分】よくばりWiFiの解約方法はWeb問い合わせのみ!違約金を0にする方法も掲載

それでは、それぞれの契約内容についてもっと詳しく解説をしていきます。

どんなときもWiFiの契約内容まとめ

月額料金3,480円(2年後:3,980円)
契約期間2年
支払い方法口座振替
クレジットカード
海外利用可能
使用回線クラウドSIM(4GLTE):ソフトバンク au ドコモ

どんなときもWiFiの契約内容で特徴的なのが、口座振替に対応しているということです。ただし、クレジットカードで契約した方が、月額料金は安いのでご注意ください。

  • 口座振替の場合:3,980円(2年後:4,410円)
  • クレジットカードの場合:3,480円(2年後:3,980円)

どんなときもWiFiは口座振替で支払いできる

さきほど述べた通り、どんなときもWiFiは口座振替で支払えるので、クレジットカードを持っていない人でもご契約いただけます。

月額料金が約500円ほど高くなりますが、口座振替で契約できるポケットWiFi自体数少なく、口座振替に対応しているポケットWiFiの中では格安な部類に入ります。以下は口座振替できるポケットWiFiで代表的なプロバイダの費用を比較した表です。

どんなときもWiFiは受け取りセンター利用で最短当日利用可能

多くのポケットWiFiサービスは、最短翌日発送を訴求しています。ですがどんなときもWiFiは、渋谷・秋葉原・大宮の受け取りセンターに行って端末を受け取れば、最短当日でご利用いただけます

渋谷センター秋葉原センター大宮センター
JR渋谷駅より徒歩7分JR秋葉原駅より徒歩5分JR大宮駅より徒歩30秒

よくばりWiFiの契約内容まとめ

月額料金3,450円(2ヶ月無料)
契約期間2年
支払い方法クレジットカード
海外利用可能
使用回線クラウドSIM(4GLTE)ソフトバンク

冒頭でも触れましたが、どんなときもWiFiは2年後に500円値上がりするため、長期的に利用するとなるほどWiFiのほうが安くなります。またどんなときもWiFiの契約内容と比べた、メリット・デメリットはこちらです。

メリットデメリット
①6,000円キャッシュバック有り
②1ヶ月レンタルプランでお試し出来る
①クレジットカードでの支払いのみ

よくばりWiFiは最大6,000円キャッシュバックあり

よくばりWiFiは最大6,000円のキャッシュバックを、NTTグループカードの新規発行と支払い方法の設定を条件に実施しています。

キャッシュバックの内容最大6,000円キャッシュバック(毎月500円キャッシュバックを12ヶ月間)
キャシュバックの条件NTTグループカードを新規発行する新規発行したNTTのグループカードをよくばりWiFIの支払い方法に設定

最初の2年間はどんなときもWiFiとほぼ同額の値段です。しかしキャンペーンを申し込めるのであれば、毎月500円キャッシュバックされるため、どんなときもWiFiよりも安くご利用いただけます。

もしクレジットカードを持っていなくて新規の発行を考えているのであれば、キャッシュバックをもらえるよくばりWiFiがおすすめです。

よくばりWiFiは1ヶ月の契約プランでお試し短期利用できる

月額料金4,880円
解約違約金1ヶ月単位の契約のため、長期契約の違約金が無い

よくばりWiFiには1ヶ月の短期契約のプランがあります。ですのでお試し利用できるのがメリットです。ポケットWiFiは実際に利用する環境で繋がりやすさが異なるので、クーリングオフのような制度(初期契約解除制度)があるのですが、返却期限は8日のみ。

初期解約解除制度とは?
通信サービスのクーリングオフのような制度のことです。すべての通信サービス(WiMAX・携帯通信・固定回線)は契約開始から8日間以内なら違約金なしでサービスの解約を実施することが出来ます。

しっかりと使用感を確かめて、長期利用のプランで再契約することもできます。ご利用の場所での電波が心配な方は、お試しに1ヶ月の短期プランの申し込みをおすすめします。

また1ヶ月単位のため、2年縛りでかかる高額な違約金がありません。ですので引っ越しの際に自宅の固定回線が開通するまで短期利用したり、中長期の出張でポケットWiFiを利用する際などに便利です。

よくばりWiFiのデメリット:クレジットカードのみの支払い

よくばりWiFiはクレジットカードのみの支払いにしか対応しておらず、口座振替で支払いができません。ですがクレジットカードを持っていなくても、NTTグループカードの新規発行で6,000円キャッシュバックされるので、筆者としてはあまりデメリットとして捉えていません。

クレジットカードの新規発行に抵抗がある、どうしても口座振替にしたいのであれば、どんなときもWiFiを契約しましょう。

さて、契約内容の詳細がわかったところで、次の項目では回線の性能・対応するルーターについて解説します。

どんなときもWiFiとよくばりの回線の性能・対応ルーターの違い

結論を述べると、対応ルーターのスペックは同じ。どんなときもWiFiはGlocalMeのU2sを卸してD1という名称でレンタルしています。どんなときもWiFiのロゴがプリントされていること以外は、全く同じです。

D1・U2sの性能
下り最大通信速度150Mbps
上り最大通信速度50Mbps
連続通信時間12時間
同時接続台数5台

ですがクラウドSIMで受信できる回線の種類に違いがあり、どんなときもWiFiは国内3大キャリア(ソフトバンク・au・ドコモ)に対応しているのに対し、よくばりWiFiはソフトバンクしか対応していません。

回線の種類に違いがあることで、どのような違いが出てくるのか解説しますね。

どんなときもWiFiとよくばりWiFiの通信速度に差はないが、繋がりやすさに違いあり

どんなときもWiFiはトリプルキャリア対応しており、状況に合わせて電波を受信できる回線に切り替えてくれます。

しかし実際にどんなときもWiFiを使用すると、ほぼソフトバンクの電波を受信します。これには理由があり「ソフトバンク→au→ドコモ」の順番に受信できる電波を判別して切り替えるためです。

ですから普段使いする際は、どんなときもWiFiもよくばりWiFiもソフトバンクの回線を使うことになるので、通信速度はほぼ差がありません。

ですが特定のキャリアが電波障害だったり、基地局が遠く圏外になる場合は、どんなときもWiFiが力を発揮します。そのためよくばりWiFiよりどんなときもWiFiのほうが、対応しているエリアが広く通信が安定していると言えますね。どちらも月間データ容量無制限で利用出来て、3日間10GBのようなデータ容量の制限も設定されていません。

速度制限について

速度制限については、どちらのWebサイトに似たような記述がありました。

どちらのサービスも無制限で使い放題を売りにしており、不正ダウンロードなどの違法行為・ネットワークの占領などの迷惑行為を行なわない限り、速度制限にはかかりません。普通にWiFiを利用する分には、気にしなくて良い内容ですね。

なお万がいち速度制限にかかった場合は、通信速度が概ね384Kbpsに制限されます。

どんなときもWiFi・よくばりWiFi、それぞれどんな人におすすめ?

冒頭に述べたとおり、筆者は以下の基準でサービスを選ぶことをおすすめしています。

これに加えて「短期利用」「長期利用」という観点で選んでみても良いかもしれませんね。

どんなときもWiFiはどんな人におすすめ?

どんなときもWiFiとよくばりWiFiの大きな違いは、先程述べたトリプルキャリアに対応なので、単純に料金を安くしたいならよくばりWiFiをおすすめします。

あとは以下の条件を検討の材料にしましょう。

  • 口座振替でポケットWiFiを利用したい
  • 当日受け取りでポケットWiFiを利用したい(渋谷・秋葉原・大宮のみ)

よくばりWiFiはどんな人におすすめ?

よくばりWiFiはトリプルキャリアに対応していない分、料金は安めで契約のハードルが低いサービスです。以下のポイントを検討の材料にしましょう。

  • キャッシュカードを持っておらず、NTTグループカードに加入してキャッシュバックを受け取りたい
  • 短期間プランでの契約がある

よくばりWiFiは、どんなときもWiFiよりも安価です。月額3,450円がずっと据え置き料金なので、長期利用すればするほど、どんなときもWiFiより安く使えます。

契約を迷っている方はとりあえず、1ヶ月の短期契約プランに申し込んで、使用感を確かめる。その後、よくばりWiFiとどんなときもWiFiの契約をどちらにするか決めても良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です